周辺観光

周辺観光

妻篭宿

妻篭宿

江戸から42番目にあたるのは妻篭です。中山道と伊那道が交叉する場所であり交通の要として当時は賑わいをせていました。しかし明治以降は衰退の一途をたどりましたが、昭和に入り江戸時代の姿を残す町並みを守ろうと住民が立ち上がり、保存運動に力を入れてきました。

馬籠宿

馬籠宿

馬籠宿は江戸日本橋から数えて43番目の宿場町です。今でも当時の面影を残す集落が細い中山道の石畳を挟み、軒を連ねます。山の斜面に沿った全長1Kmあまりの小さな宿場ですが、江戸時代の雰囲気を充分に味わうことができます。また、馬籠には文豪として名高い島崎藤村の記念館もあります。

桃介橋

桃介橋

桃助橋は、明治の電力王、福沢桃助がかけた優雅な木の橋です。国道19号側から渡ると対岸には天白公園があり、春にはミツバツツジが咲き乱れたいへん美しい景色です。

柿其渓谷

柿其渓谷

柿其渓谷は、底まで透き通るような清らかな流れが白い花崗岩の合間をぬい、すばらしい景観が広がります。春にはツツジ、枝垂れ桜、秋には紅葉が旅人のこころを誘います。河原に下りて、その清らかな水の流れを見つめながら、ゆっくりと自然を満喫できます。

寝覚の床

寝覚の床

花崗岩が木曽川の激流に刻まれてできた自然の彫刻、その神秘的な景観は訪れた人々を魅了し続けてきました。寝覚の床は木曽八景随一の景勝地として文人、歌人などの記録に残っています。巨大な花崗岩の白と、川面のエメラルドグリーンが絶妙なコントラストを醸し出す迫力のある景色を是非ご覧ください。

きそふくしまスキー場

きそふくしまスキー場

大笹山の山頂域、標高1904mの陸焼棚に展開する快適なスキー場。スノーマシーンの活躍で、雪不足の心配もなく、斜度・起伏等バラエティ豊かな8つのコースでの滑りを満喫出来ます。またスノーボード禁止のスキーパラダイスだから、初心者やファミリィーにもおススメのスキー場です。

ふるさと水引工芸館

ふるさと水引工芸館

飯田は古くから「水引」のふるさととして伝統を受け継いできました。日本には、古来より“結ぶ”ことに特別な想いがあります。和紙を撚り色染めして作られる「水引」は、結びの心と手のぬくもりにより贈物には欠かせないものとなっています。ふるさと水引工芸館では、水引作りの体験もできます。

元善光寺

元善光寺

善光寺を開いた本多善光公の出生地にあるのが元善光寺です。長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣りと昔から云われております。また、さつき寺とも呼ばれ、きれいなさつきが見られます。

赤沢自然休養林

赤沢自然休養林

赤沢自然休養林は、信州木曽路の西部に位置し、樹齢300年を超える木曽ひのきの天然林で構成されています。さらに、園内には木曽の山林で活躍した森林鉄道が保存されています。森林鉄道記念館には、当時運行されていた機関車や客車を展示、森林鉄道も運行しています。

駒ケ岳ロープウェイ

駒ケ岳ロープウェイ

中央アルプス宝剣岳直下の通称「千畳敷カール」まで架けられた、わが国最初の山岳ロープウエイです。中央アルプスの主峰駒ケ岳は標高2956m、眺望絶佳、真夏の別天地、富士山南アルプス、御岳山、乗鞍山、北アルプスを一望でき、高山植物の宝庫として有名です。

奈良井宿

奈良井宿

中山道十一宿のうち北から2番目の難所、鳥居峠を控えた宿場町。旅館の軒灯、千本格子など江戸時代の面影を色濃く残しています。近くには日本有数の漆器産地、木曽平沢がある。街道に沿って木曽漆器を展示・販売する施設がある。

御嶽山

御嶽山

古くから信仰の山として信者の畏敬を集めてきた山で、富士山・白山と並ぶ霊山である。山頂には五峰五湖を有し高山植物も多く訪れる登山者を楽しませてくれる。登山口は、王滝・黒沢・濁河の三か所あり、3000m級の山では比較的登りやすい為人気があります。登山口から山頂までは3.5時間~6時間。

  • ホテルより登山口まで車で80~100分
御岳ロープウェイ

御岳ロープウェイ

グリーンシーズンはハイキング、登山、ドライブで、自然とふれあい雲上のパノラマワールド満喫してください。御嶽山への登山口としても利用できます。ロープウェイ終点には、高山植物も植えられており可憐な花を楽しむことができます。

ヘブンズそのはら

ヘブンズそのはら

ロープウェイで行く高原は、夏になると色とりどりの花々で埋め尽くされる。リフトで上る展望台からは南アルプスの絶景が望め、ベコニアの花のじゅうたんリフトで優雅な空中散歩も楽しめる。秋は雄大な山々の三段紅葉が見ごたえ抜群です。冬はスキー場としても営業しています。

田立の滝

田立の滝

田立の滝は、花崗岩質の峡谷にある滝群で、日本の滝百選にも選ばれています。うるう滝、らせん滝、洗心(せんしん)滝、霧ヶ滝、天河滝、不動滝、そうめん滝などがあり、その中でも、主瀑である天河滝の落差は40m。

天竜川ライン下り

天竜川ライン下り

しぶきを浴びながら、大自然を心ゆくまで楽しめる天竜ライン下り。天竜峡温泉港から唐笠港まで約10Kmの大峡谷を下る爽快な船旅が楽しめます。

ページの先頭へ